脱毛に半信半疑だったけど

脱毛に半信半疑だったけど

【きっかけ】

周りの友達がほとんど脱毛サロンに通っていて、通ってみたらいいよとオススメされました。半信半疑ではありましたが、自分も通ってみようかなと軽い気持ちでした。
もともとの毛は太くて固いほうだったので、処理するのが、面倒だったし正しい処理のしかたは、ちゃんとわかってはいませんでした。剃ってみたり。抜いてみたり。

ワキはどんどん丈夫な毛になっている気がしていたし、黒ずみみたいなものもありました。
夏はノースリーブなんて絶対に着れなかったですし、Tシャツを着ていても、手を挙げたときにワキが見えるのを気にしてしまうくらいでした。

【200円でワキ脱毛通い放題】

最初はドキドキしながらどうやってやるのかもわからず。
ジェルみたいのを塗って、光での脱毛方法でした。
暖かくて、少しパチッとゆうような感覚です。

2ヶ月に1回なので効果が出るのは結構先なんだろうなと思っていました。
通い始めて1年、だんだんと毛が細くなってきて考えてみると生えてくるスピードも遅くなってきました。

そして現在は1ヶ月に1回剃るくらいの気にならないほどになっています。あの太かった毛がこんな状態になるなをて想像以上でした。
これからも通い続けて、毛が無くなるくらいまでの効果の実感を味わいたいです。

【お店】

エピレ札幌駅前店に通っています。
場所は札幌駅のすぐ目の前にあるので、通いやすいのと、ビルの中に入っているのでそんなに脱毛サロンと強調されていなくて、入っていくのもあまり周りの目を気にせずに通うことが出来るのでいいなと思っています。
サロンの雰囲気はいいほうだと思います。
勧誘はほかの部分など軽く毎回されますがそこまで強引でもないので苦ではないです。
時間がないときに急ぎ目でお願いしますと伝えると2人でやってくれたりと色々対応してくれます。

とてもいいのは、毎回行くごとにスタンプを押してくれるのですが、そのスタンプが3つ貯まると商品や別コースで使えるクーポンになるんです。それと誕生日には別に値引きクーポンがいただけるので、合わせて使うこともできます。
私はとても安いコースで通っているのに値引きクーポンがすごくたまって商品をとても安く買うことができました。

ニードル脱毛って知っていますか?

エステサロンや脱毛サロンで脱毛の施術を受ける場合、今は短時間で高い効果があり、リーズナブルな価格で行うことが出来る、フラッシュ脱毛で処理をすると思います。
しかし1990年代から2000年代前半はニードル脱毛が主流でした。

ニードル脱毛はニードルと呼ばれる針を毛穴に刺して、微弱な電流を流し、毛頭細胞を破壊してムダ毛を処理する方法です。
今のフラッシュ脱毛はフラッシュを照射すると自然にムダ毛が抜けます。
抜けるまで待つという感じですが、ニードル脱毛は施術をした時にムダ毛を脱毛します。
ですから、脱毛の施術後からスベスベのお肌を手に入れることが出来ます。

しかし、痛みもありますし、時間もかかります。
時間がかかるということはコストもかかるということです。

フラッシュ脱毛はまだ新しい施術方法なので、永久脱毛であると言い切ることはできないそうです。
半永久脱毛という位置付けなのです。
ニードル脱毛は永久脱毛と定義されています。
永久脱毛は医療脱毛でしか出来ないと言われていますが、ニードル脱毛もほぼ永久脱毛ということが出来ます。

今ではニードル脱毛で施術を行っているサロンの数も少なくなりました。
大手のサロンの中にはニードル脱毛とフラッシュ脱毛のどちらかを選択することが出来るようになっています。
お金がかかってもすぐにムダ毛をなくしたい、永久脱毛と同等の効果を手に入れたいと考えているのであれば、ニードル脱毛を考えてみるのも良いかもしれません。

忙しいお母さんにおすすめ!こんな時短方法はいかが?

忙しいお母さんにおすすめ!こんな時短方法はいかが?
最近では、家事や育児の他にも、フルタイムで仕事をこなしているお母さんも沢山いるようです。
そのため、自分の時間が持てない、いつも忙しいと悩んでいるお母さんも多くいます。
このようなお母さんの場合には、少しでも家事や育児の苦労を少なくするため、自分なりにいろんな工夫をしていると言う場合も少なくありません。
例えば、私の場合では、来年からフルタイムの仕事に復帰しますが、現在では、自宅で空いた時間に、ライティングをしています。
その間、双子の一歳児の世話をしながら、家事もしているので、フルタイムで仕事をしている人よりは、大変さは軽減しますが、それでも、いつも時間に追われています。
また、子供も外の世界に興味が沸く時期ですので、どうしてもベビーサークルから、部屋の中で自由に遊ばせたり、外に買い物に連れていくなどの機会も設けています。
このようなことから、とても毎日が大変ですので、こんな方法で時短をするように心がけています。

[ 1 ] 朝のうちに全ての掃除や洗濯を済ませる!

子供が小さく、遊ぶことに興味が大きい場合には、ベビーサークルなどに入れておくのも大変です。
とにかく泣いて、外に出してもらおうとしますので、親としてもイライラしてしまうことも少なくありません。
そんな時に、掃除機を掛けたり、洗濯をしたりするのは大変ですし、子供を遊ばせてから、家事をするとなると、面倒を見ているお母さんは、とても疲れてしまうのではないでしょうか?
そのため、私の場合には、子供が寝ている朝のうちに、全ての家事をこなすように気をつけています。
朝の六時から七時くらいまでの間は、うちの子供の場合には、まだぐっすりと眠っています。
この時間に、まずは掃除機を掛け、その間に洗濯機を回し、子供の離乳食の材料を茹でておき、同時に熱湯でミルクを作って、ミルクが冷めるまでの間に、干してある洗濯物を取り入れ、新しい洗濯物を干します。
それから、子供に離乳食を与え、遊ばせるようにしています。
それに、洗濯物を干す場合には、ハンガーなどは使いません。
洗濯バサミがついたタイプのものを使用し、全ての洗濯物を干しています。
こうすれば、ハンガーに掛けて干すよりも、やや形は崩れてしまいますが、サッと洗濯物を干すことが出来て便利です。
上手くこなせない場合もありますが、朝に辛いことを終わらせると、午後から身体が楽になりますので、精神的なストレスなども軽減されます。
これを午後にまわしてしまうと、身体がとても疲れやすくなってしまいます。

[ 2 ] 凝った物を作らない!

また、自分たちが食べる食事なども、宅配弁当を利用したり、調理の際でも、手間掛らないようなものを使っています。
例えば、子供用に野菜を茹でた場合には、いくらか野菜を取っておき、自分たちの食事の際に使います。
また、子供に離乳食を与えている間に、フライパンで肉や魚を焼いて、子供の食事が終わったら、今度は親が食べることが出来るようにしておきます。
そのため、てんぷらや唐揚げなどの油で揚げるものは、現在はほとんど作りません。
近頃では、双子もほとんど昼寝をせず、一日の大半を起きて過ごすことも多いため、いつも時間のやりくりが大変になっています。
そのようなことから、こんな工夫を私はするようにしています。